平成29年総会・懇親会

日本マスターズ柔道協会の平成29年総会・懇親会は、4月28日(金)17時から
全国柔道高段者大会(講道館)終了後、東京神田錦町の学士会館において全国の会員約60名の出席の下で開催された。

三橋会長の挨拶、浅田専務理事から代表理事会での事業報告、事業計画等の概要が報告された。

続いて懇親会に移り、野口名誉会長の乾杯のご発声の後、全国の会員・仲間が久しぶりに再会し、柔道談議に話が弾んだ。

その後、全国柔道高段者大会出場20回の杉原尚氏、10回の片桐清司氏から受賞の挨拶が行われた後、出場30回以上の方々から、これまでの大会や柔道の取り組み等の思い出が述べられた。

また、遠方からの出席者を代表し、6月の日本ベテランズ国際柔道大会(第14回日本マスターズ柔道大会)開催地である和歌山県柔道連盟副会長の藤村利行氏から、出場者の皆さんを南紀白浜にてお待ちしている旨の挨拶があった。

 

おいしいお酒、料理に舌鼓を打ちながら懇談が進む中、西久保副会長、森本事務局長お二人による連吟「月夜荒城の曲を聴く」が披露された後、清家名誉会長夫人による日本舞踊の披露があり、懇親会は最高潮に達した。

6月に迫った和歌山県白浜大会での再会を約し、清水名誉会長のマスターズ一本締めでお開きとなった。

(文責 専務理事 浅田三男)

カテゴリー: その他, 二金会, 理事会 | 平成29年総会・懇親会 はコメントを受け付けていません。

日本マスターズ柔道協会有志によるラオス・カンボジア遠征団活動報告

 2017年3月2日から3月9日にかけてマスターズ有志総勢10名(団長 内藤純八段)によるラオス・カンボジア遠征が行われました。 ラオスでは毎年恒例の『武道演武会』に参加し講道館護身術(前田六段、向井六段)と五の形(中島四段、内藤八段)を披露した他、ナショナルチームの強化指導(上木監督他)と地方も含めた4道場での普及支援の指導を行いました。カンボジアではアンコール柔道場を初訪問し苦労しながら柔道にいそしんでいる若者達と交流を深める事が出来ました。

 またラオス柔道連盟、ラオス教育スポーツ省、サワナケート県スポーツ局、在ラオス日本大使館、JICAラオス事務所を表敬訪問し柔道を通じた国際交流の意義と今後の協力の在り方などを話し合う事が出来ました。

 日本からの高段者として全ての訪問先や道場で大歓迎され、共に熱心且つ快適な汗を流しましたが、何より子供達、若者達の明るい元気な姿が一同の励みになりました。

 ラオス柔道連盟のケマサ会長はじめ幹部諸兄には大変なお世話を頂きました。また現地で活躍中の青年協力隊の村山、荒田、名田の柔道隊員諸兄にも通訳・案内・他万事につき大変お世話になりました。このHPを借りて感謝申し上げる次第です。

 最後に日本マスターズ柔道協会伝統の『柔道を通じた世界貢献』に携わる事が出来て団員一同晴れ晴れとした気持ちで帰国できました。 今後もこういった海外遠征プログラムが継続・発展されることを祈ります。

(文責 坂東雅邦)

ラオス・日本武道館での五の形演技
同講道館護身術の演技
引原大使、ケマサ会長と共に
青年同盟道場でのナショナルチーム指導
ラオス教育SP省センポン局長に表敬訪問
日本大使館・引原特命全権大使に表敬訪問
地方都市のサワナケート道場訪問
ビエンチャン西部のシーカイ・日本武道館訪問
カンボジア・アンコール柔道場にて
像と一息ついてくつろぐ場面も
カテゴリー: その他, 会員情報 | 日本マスターズ柔道協会有志によるラオス・カンボジア遠征団活動報告 はコメントを受け付けていません。

小学生以下を対象にした柔道体験教室(兵庫県赤穂市)

※記事本文中の赤下線部の池田正男氏は日本マスターズ柔道協会理事

※記事・写真の著作権は赤穂民報社に帰属しますので
赤穂民報のWeb ページを画像でご紹介させて頂きました。

カテゴリー: その他, 会員情報 | 小学生以下を対象にした柔道体験教室(兵庫県赤穂市) はコメントを受け付けていません。

【会員情報】平成29年度京都醍醐寺五大力さん力餅奉納 横綱

会報で投稿(※2017年1月31日発行 JMJA-News 第16号 18ページ)しました、還暦を迎えて、の目標であった一つを達成しましたのでご報告いたします。

平成29年2月23日京都醍醐寺五大力さん 150kg力餅奉納が開催され5分19秒の記録で優勝。醍醐寺大僧正より平成29年度 横綱の称号をいただきました。

毎年地元から横綱を輩出しているので完全アウェーの戦いでした。地元への声援が多いなか中程の順番で私が登場しました。
僧侶の持ち上がりました、の掛け声でスタート。
周りはおっさん持ち上げよったわ程度の反応でした。経過時間を30秒ごとに僧侶が、頑張れ、頑張れ、と声をかけます。


4分経過時から観客がざわざわしました。
前半の記録を抜いた5分経過の掛け声には会場からウオゥーというざわめき、6分いったれと思いましたが、落としたり、倒れると失格になります。
残りの力とおやじの雄叫びと共に元の位置へ。ただいまのご奉納時間、5分19秒!大拍手と大歓声がおこりました。

一躍トップに躍り出ました。足が笑って、這ってステージから降りました。
友人は泣いていました。知らないおばぁさんが、生き仏さん、って拝んでました。

向上心をもって努力すれば人は幾つになっても進化する。マスターズの精神をこの大舞台でご披露することができました。
歴代最高齢横綱だと思います。
ありがとうございました。

寄稿:理事 平井敏雄(兵庫県)

カテゴリー: その他, 会員情報 | 【会員情報】平成29年度京都醍醐寺五大力さん力餅奉納 横綱 はコメントを受け付けていません。

横浜遠征合同稽古

 去る2月11日(土)、毎年恒例となっている横浜遠征合同稽古が神奈川県立武道館(横浜市)で開催されました。この稽古は、15年前に丸の内柔道倶楽部が横浜税関を訪問したのが発端です。今回は、東京・神奈川・埼玉・千葉等関東周辺のマスターズ会員、土曜柔道会、丸の内柔道倶楽部、横浜・東京税関の外に、遠く兵庫県から玉田事務局次長も参加しました。また、海外からイギリス、フランス・ドイツからの柔道家も加わり、国際色豊かなものとなりました。年齢は中・高生から80歳代まで、老若男女約100人が集まっての合同稽古でした。

 17時30分から準備運動、寝技、打込みに続き、基立ち乱取稽古。立春は過ぎたものの最も寒い時期にも拘わらず、1時間半の稽古で爽やかな汗をかきました。

 稽古の後は、中華街に60人が繰り出し、本番中国料理店で飲み放題・食い放題に舌鼓を打ちました。各団体代表、海外柔道家や遠方からの参加者の挨拶の中、柔道談義に花を咲かせ、新しい友人、新しい発見を増やした国際柔道交流でした。

 
 

宴たけなわの中、「マスターズ和歌山大会での健闘と来年の合同稽古」を約束し、毎月の二金会での稽古の外に、全国各地でこのような合同稽古が産まれることを期待して、中華街を後にしました。

(寄稿:日本マスターズ柔道協会 会長 三橋英夫)

カテゴリー: その他, 会員情報, 写真・記録 | 横浜遠征合同稽古 はコメントを受け付けていません。