高橋勘十先生、岡田庫二郎先生がアブダビで特別功労賞を受けられました

国際柔道連盟主催の第五回世界ベテラン柔道選手権大会が世界各国より420名を集めアラブ首長国連邦のアブダビ市で11月23日~26日まで開催されました。11月25日Marius Vizer国際柔道連盟会長より高橋勘十先生(講道館8段、82歳、岩手県)、岡田庫二郎先生(講道館8段、79歳、兵庫県)の長年にわたる生涯柔道の功績をお祝いする特別功労賞と金の盾が贈られました。全会場が一体となり感動と羨望が一気に渦巻いた瞬間でした。

式典後、アブダビテレビ局の生中継に出演されテレビ全国放映されました。柔道が青少年育成に貢献したこと生涯柔道を通りこれからも現役で頑張りたいとインタビューに応じられました。記念写真はIJFのHPより転載したものです。高橋勘十・岡田庫二郎両先生を中央に左よりIJF会長 Marius Vizer氏、3人目大会財務担当者Nasser Al Tamimi氏。高橋先生の右隣、中村勇氏(全柔連)、2人目が ベテラン柔道大会会長のAndrei Bondor氏。

寄稿:内藤光伸常務理事[神奈川県]

カテゴリー: その他, 会員情報, 大会情報, 大会結果, 海外, 海外 パーマリンク

コメントは停止中です。