第2回アジアグランドマスターズオープン柔道大会 会議

第2回アジアグランドマスターズオープン柔道大会
(第10回記念日本マスターズ柔道大会) 会議

同会議は6月3日(月)午後、講道館にて、細川伸二議長(全柔連国際委員長, IJFマスターズ委員会委員)の下に、全柔連、講道館、東京都柔道連盟と当協会から清水会長、栗本副会長、毛利副会長、小林事務局長、玉田事務局員5名、並びに近畿日本ツーリストを含む、総員23名が招集を受け開催された。

大会要項の最終確認、競技、表彰、予算、宿泊等各分野において広範囲に概要の説明、問題点について討議された。

申込受付は5月20日(月)より開始され6月3日現在の参加予定者は26名と報告された。

国内の申込受付はマスターズ協会、海外は全柔連が担当することが再確認され、当協会のマスターズ大会は本年で10回記念大会を迎え、IJF/全柔連と共に並立した大会名称で開催出来る新たな段階に入ったことが強く感じられた。

日本マスターズ柔道協会
事務局長 小林潔司

カテゴリー: その他, 国内, 大会情報 パーマリンク

コメントは停止中です。